スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

【レポート】2013.07.14 直比古祭2013 Drumless Night @新宿Cat's hole

2013.07.14

この3連休を使って新宿Cat's holeで行われた
店長誕生日記念3Daysイベント「直比古祭」、
2日目に行われた「Drumless Night」に出演させていただきました。

Drumlessと銘打たれた通り、出演者はソロシンガー(R&B / Pops)、デジタルユニット、
アコースティック弾き語りに絞られ、ステージ上もドラムセットやアンプなど一切排除されており
まさにDrumlessなアーティストのみが集まって行われました。
(出演者:Junya/泥陀羅/AnRiMikA/ko-osuke/夏川あき/そらのてつ/RYO/Licca/石川正人/はせひろ(和心Creation)/DJ malo/紅子/網戸もえ/生田有紀)

今回も例によってオープニングとして出演してきましたが、
イベントの趣旨が「お祭り」なので、普段よりもカオス成分を増した機材・演出としてみました。

機材
IMG_9213_2.jpg
セッティングの全体図。
左側にマスターエフェクト(AirFX/miniKaosspad2)
右側にジェネレータ(Kaossilator2/monotron Duo/monotron Delay/Pikaremin/AirSynth)を配置しました。

IMG_9215_2.jpg
右側のアップ。
入手して4年か5年くらいでしょうか。
きちんとしたノイズジェネレータとしてピカルミンを使ったのは初めてでした。
良い感じに会場のテンションを上げてくれました。

Setlist
1.dj malo - Muramasa Blade(preproduction mix)
IMG_2355_2.jpg
(撮影:夏川あき様)
お祭り的な雰囲気が欲しくて、5年前に作りかけのまま放置していたシーケンスを急遽
一通り楽曲として成立する形に仕上げて持って来ました。
完全にバブル期のデステクノを狙って組んだ曲で、この時点ではラップ素材を合わせられなかったのですが
次回披露時、あるいは音源収録時には尺を伸ばしてラップも乗せて完成させたいと思います。

IMG_2376_2.jpg
(撮影:夏川あき様)
そしていきなりピカルミンを暴れさせましたw安定したノイズを奏でるのは意外と難しいのです。
ピカルミンのおかげで1曲目からフロアが暖まってきたようでした。

2.dj malo - Drunk Durian(with Wonder Voice)
IMG_9209_2.jpg
このイベントは入場者全員に無料で振る舞い酒が出されており、
どう考えても酔いどれイベントになることが目に見えていたため「悪酔い」がテーマのこの曲を突っ込みました。
原曲もかなりぶっ壊れてますが、今回も例のあれをMashUpしたバージョンでお届けしました。
元ネタを理解していた方はこのときはいなかったようでしたが。。。

で、この曲の間にやっていたことは…
IMG_2397_2.jpg
(撮影:夏川あき様)
こんなものをこねくり回してました。
ちなみにキック1発につき1回転するように、BPM213.6で1回転していたのにどれだけの人が気づいたのでしょうか。
そんなわけで、泥猫音楽祭で見せている「サイケトランス理科実験」の一端をここで披露しました。

3.Deidara - Vermilion(dj malo Remix Digest)

Cat's holeに出入りするようになった切欠「泥猫音楽祭」に誘ってくれた盟友の泥陀羅への感謝として
前回の泥猫4で観客を狂乱の渦に巻き込んだヴァーミリオンリミックスを演奏しました。
今回は持ち時間が短いため導入部分の構成を変えてブレイク1回に再編集したものでお送りしました。

IMG_2412_2.jpg
(撮影:夏川あき様)
演奏中に何名かが出来上がった練り菓子を食べにステージまでやってきました。

IMG_2421_2.jpg
(撮影:夏川あき様)KP二刀流。

IMG_2424_2.jpg
(撮影:夏川あき様)
この曲のサビ部分ではタンバリン振って盛り上げていました。
Cat's holeにちなんで猫型のタンバリンだったりします。

4.the Birthday Song(AirSynth Solo)
_MG_2428_2.jpg
(撮影:夏川あき様)
Vermilionリミックスからそのまま、店長へ捧げるAirSynth独奏につなげて締めました。

今回も持ち時間きっちりでしっかりイベントの空気作りができたと思います。
またいつもよりもぶっ飛んだ選曲・衣装・演出で臨め、やっていて楽しかったです。


他の出演者もこの日は曲者揃いで実力者も数多く見られ、良い刺激を得ることができました。
オケで歌うソロシンガーが中心でしたが、その中でも...

・Junya
IMG_9769_2.jpg
Cat's holeを代表するR&Bシンガーと言えば彼。
この日は他の出演者のピアノ演奏サポートに入ったり、自分の出番では歌って踊ったりと
多方面で活躍していたこの日の主役の1人でした。
あれだけ歌いながらしっかりダンスの軸もぶれていないのは見事です。
またフロア後方の焼肉の仕掛け人でもありましたw

・Licca
IMG_9458_2.jpg
泥陀羅が6月に出演したときに対バンで出演されていた弾き語りシンガーさん。
シンプルな楽曲ながらパンチが効いた歌詞のギャップが素晴らしい。
店長に捧げたこの日のために作った楽曲はなんとストーカーの歌というのもまた愛に溢れてると思いました。

・夏川あき
IMG_9543_2.jpg
もうね、選曲が個人的にツボすぎるのですよ。昭和時代の楽曲のレパートリーが凄まじい。
しかもパワフルに歌いきっちゃう。
今回はお色気は控えめでしたが、脱がないで歌手1本でもやっていけるのではないでしょうか。

・泥陀羅
IMG_9747_2.jpg
言わずもがなの彼らです。
今回はiPad中心のコンパクト編成ながら、新機材Danchoriserを投入してきました!
多少、失敗もあったけどもっとでかい画面でやったらかなり見栄え良くなる予感がします。
サウンド面ではちょっと制御に苦労していたようだけど、扇子振り回して踊ったり、オカリナ吹いたりと
普段の彼らのライブでは見られないような部分もあり、ファンにとってはたまらない?内容だったと思います。

Muse Labとしても今後Cat's holeさんとのお付き合いは続いていきます。
より登場の機会を増やしていけるように頑張って参りたいと思います。

最後に、改めて多くのミュージシャンに愛されている店長であることが感じられたイベントでした。
店長、誕生日おめでとう!
スポンサーサイト
Date: 2013.07.21 Category: レポート  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。